森博嗣スカイクロラシリーズの読む順番とあらすじ

森博嗣スカイクロラシリーズの読む順番とあらすじ

今回は、森博嗣さんのスカイ・クロラシリーズ6冊の読む順番とあらすじをまとめます。

タイトルだけでは、読む順番がわからないという読者の方も多いと思います。

そんな方の参考になれたら幸いです。

目次

スカイ・クロラシリーズとは?

スカイ・クロラシリーズは、戦闘機のパイロットを主人公としたファンタジー小説。

大人にならない、永遠の子供「キルドレ」。彼らの日常を描いたストーリー。

森さんが執筆されている他のシリーズとは関連性がなく、ストーリーは6冊で完結している。

スカイ・クロラシリーズの楽しみ方

不思議な世界観に没入する

子どもが戦闘機に乗って戦うという珍しいストーリーなのですが、時代背景や地域を特定できるような描写があまり出てきません。

戦況にもあまり触れることなく、終始主人公の一人称でストーリーが進むので、戦争を題材にしているとは思えないほど「静かな」展開に驚くことでしょう。

なにより、この主人公が単純に「飛ぶ」ことを楽しんでいるので、出動した時の穏やかな心理描写にもギャップを感じると思います。

戦争=悲惨、悲しいといったイメージとはかけ離れためずらしいストーリーですので、少し変わった小説が読みたい、目先を変えたい方におすすめです。

死生観について考える

戦争を題材にしているので、昨日まで一緒に戦っていた仲間が今日は帰ってこなかった。そんなことが当然のように描かれています。

それなのに全然悲壮感がなくて、主人公たちはまだ子どもなのに、漠然と死を受け入れている。

そんな世界観の中で、死とは何か、人間の価値とは何なのかを考えさせられます。

死をテーマにした作品ではありますが、残酷なシーンはあまりないのでご安心を。

じっくりと己と向き合い、死生観について考えさせられる作品です。

ファンタジー要素

主人公をはじめとする戦闘機のパイロットたちは皆、大人にならない「キルドレ」。

この「キルドレ」が何であるのか、彼らの生態系も含めてあまり明かされないままストーリーが進みます。

このファンタジー要素が「戦争」という重さを中和してくれるので、過激なストーリーが苦手な方、静かな気持ちで読書を楽しみたい方におすすめです。

スカイ・クロラシリーズの読む順番とあらすじ

スカイ・クロラシリーズは、本編5巻、短編集1巻の計6巻で構成されるシリーズです。

このシリーズの注意点は、出版順と時系列が異なること。

1番初めに出版された『スカイ・クロラ』が、時系列でいうと最後になりますのでご注意を。

今回は、ストーリー展開がわかりやすい時系列順でまとめました。

タイトル発売日(文庫版)
ナ・バ・テア2005/11/25
ダウン・ツ・ヘヴン2006/11/25
フラッタ・リンツ・ライフ2007/11/25
クレィドウ・ザ・スカイ2008/4/25
スカイ・クロラ2004/10/25
スカイ・イクリプス2009/2/25

『ナ・バ・テア』

ナ・バ・テア

信じる神を持たず、メカニックと操縦桿を握る自分の腕だけを信じて、戦闘機乗りを職業に、戦争を日常に生きる子供たち。地上を厭い、空でしか笑えない「僕」は、飛ぶために生まれてきたんだ——大人になってしまった「彼」と、子供のまま永遠を生きる「僕」が紡ぐ物語。

森博嗣の新境地、待望のシリーズ第二作!

『ナ・バ・テア』森博嗣著 講談社文庫出版 (2005/11/25)より引用

『ダウン・ツ・ヘヴン』

ダウン・ツ・ヘヴン

子供はみんな、空を飛ぶ夢を見るのだ。飛べるようになるまで、あるいは、飛べないと諦めるまで——戦闘機に乗ることに至上の喜びを感じる草薙だが、戦闘中に負傷し入院、空を飛べぬ鬱屈した日々を過ごすことに。組織に守られる存在となりつつある自分になじめないまま。そしてある日「少年」に出会う!

『ダウン・ツ・ヘヴン』森博嗣著 講談社文庫出版 (2006/11/25)より引用 
created by Rinker
¥1 (2022/12/01 17:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

『フラッタ・リンツ・ライフ』

フラッタ・リンツ・ライフ

ずっと二人で空を飛んでいても、決して触れることはない。彼女の手を、彼女の頬を、僕の手が触れることはない——「僕」は濁った地上を離れ、永遠を生きる子供。上司の草薙と戦闘機で空を駆け、墜ちた同僚の恋人相良を訪ね、フーコのもとに通う日々。
「スカイ・クロラ」シリーズ急展開!

『フラッタ・リンツ・ライフ』森博嗣著 講談社文庫出版 (2007/11/25)より引用 

『クレィドウ・ザ・スカイ』

クレィドウ・ザ・スカイ

今だけがあって、それだけを考えていられたら良いのに。未来だって、せいぜい明日か明後日くらいしかなければ良いのに——「僕」は病院を抜け出し「彼女」の車で地上を逃げる。二度と空には、戦闘機には戻れないと予感しながら。永遠の時を生きる子供たちを描く、現代の寓話「スカイ・クロラ」シリーズ‼︎

『クレィドウ・ザ・スカイ』森博嗣著 講談社文庫出版 (2008/4/25)より引用 

『スカイ・クロラ』

スカイ・クロラ

僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショーとして成立する世界に生み出された大人にならない子供——戦争を仕事に永遠を生きる子供たちの寓話。森博嗣、渾身の一作が待望の文庫化!

『スカイ・クロラ』森博嗣著 講談社文庫出版 (2004/10/25)より引用 

『スカイ・イクリプス』

空で、地上で、海で。「彼ら」は「スカイ・クロラ」の世界で生き続ける。憧れ、望み、求め、諦めながら——。さまざまな登場人物によって織りなされる八つの物語は、この世界に満ちた謎を解く鍵となる。永遠の子供、クサナギスイトを巡る大人気シリーズ、最初で最後の短編集。

『スカイ・イクリプス』森博嗣著 講談社文庫出版 (2009/2/25)より引用 

本書は本編のサイドストーリーを収録した短編集となっているので、『ナ・バ・テア』から『スカイ・クロラ』を読破してから読むことをおすすめします。

created by Rinker
¥607 (2022/12/02 11:52:56時点 Amazon調べ-詳細)

スカイ・クロラシリーズの読む順番とあらすじ・まとめ

今回は、森博嗣さんのスカイ・クロラシリーズ6冊の読む順番とあらすじをご紹介しました。

作品数が多すぎて、どこから手をつけたらいいかわからない……という時の参考になれば幸いです。

ぜひ、一味違ったミステリーをお楽しみください。

Kindle Unlimitedで、気兼ねなく本を読みませんか?

Amazonの「Kindle Unlimited」は、対象の本が読み放題になる、本の虫にぴったりな読書サービスです。

30日間無料で利用でき、それ以降も月額たったの980円。ハードカバー1冊以下の料金で、200万冊以上が読み放題になります。

読書好きな方は、ぜひ一度お試しください。

お気に入りの一冊をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次